歯科研修

Impression旭での2年間を振り返って

富井 高樹 平成24年度歯科研修医

大学を卒業し、そのまま大学病院で研修をする友人がほとんどで正直、他施設にて研修を行うことの不安はありました。しかし、旭中央病院歯科・歯科口腔外科での2年間を振り返ると、旭で歯科医師としての第一歩を踏み出せて本当に良かったと思います。

旭中央病院では、研修医の頃から大学病院では経験できない様々な症例を経験することができます。例を挙げると私が旭中央病院で経験した症例は埋伏智歯抜歯や歯根端切除、骨折患者に対する非観血的整復固定、入院下での顎堤形成や腸骨採取など他施設では経験できないであろうことを経験させてもらいました。また、救急に関しても24時間対応のため夜中に切開・排膿を行った事もあり、救急は研修医にとっては貴重なスキルアップの場にもなります。当科では外科処置だけでなく、入院患者に対する一般歯科治療もあり、レジン充填や根管治療、義歯製作なども行っています。

もともと旭中央病院を選んだ理由として3年目に半年間の麻酔科研修があり、将来歯科麻酔医を目指す私にとっては非常に魅力的でした。麻酔科医になるのであれば大学病院に残り、研修医が終わるとともに大学院へ進学し、麻酔科医を目指すというのが最も近道であると思いますが、どのような処置を行うかわからないのに麻酔をかけるのはありえないと思い、旭中央病院を選びました。外科処置を行うことに関しては正直、あまり興味がなかったと言っても間違いではないと思います。

しかし、現在は日常の診療や入院患者の管理、医科との連携を通して口腔外科もおもしろいと感じています。おそらく大学病院でそのまま研修を行っていたら口腔外科のおもしろさに気付かず、歯科医師としての人生を送っていたと思います。

今でも自分自身が口腔外科医として向いているかと言われたら「いいえ」と答えますが、旭での生活が自分の歯科医師人生に大きな影響を与えたことは間違いありません。周りの友人と一緒に大学病院で研修をすることも選択肢の1つだと思いますが、勇気を出して一歩外に出た結果、大学病院では得ることのできないとても大きな経験を得ることができたと感じています。

口腔外科に興味がある人はもちろん、口腔外科に興味がない人も是非、旭に足を運んで、実際にどんなことを研修医がしているのかを見てもらえればと思います。そして旭で研修をすることでどんなことができるようになるのかを感じてください。
旭中央病院で歯科医師としての第一歩を踏み出したいと思う人に会えるのを楽しみにしています。