歯科研修

Programプログラムの目標と特徴

単独研修方式

プログラム責任者 歯科・歯科口腔外科部長 秋葉正一

目標と特徴

将来のプライマリーケアに対処できる一般歯科医、あるいは学会専門医を目指す歯科医師のための1年間プログラム。当院カリキュラムに従い研修する。

当院は救命救急センターを併設しており、一次から三次まで24時間応需体制をしいており、どの科の研修医も救急に対処できる力が自然に身につくようになっている。歯科医師においても当院のシステムを良く理解し隣接医学をも含めて研修するように努める。
卒直後の臨床研修の目的は歯科診療に関する知識・技術の修得、歯科診療における人間関係の理解など歯科医師としての資質の向上、倫理の高揚を図るとともに、将来の生涯教育の基礎を得ることにある。

臨床研修歯科医はこの目的を充分理解し臨床研修に従事する。歯科医療業務は口腔機能を保全・回復し、苦痛を除き、以って人の健康維持と生命保全に寄与することを目的とするものであり、 歯科医師としての良心と道徳的規範によって社会に奉仕すべきものである。

卒直後臨床研修を開始するに当たり、臨床研修歯科医師はすでに歯科医師として公認されている身分を日常の生活規範として行動し歯科医師としての名誉と品位を損なうことのないよう心掛ける。

定員 2名