研修医・レジデント

What's Happening Now?

研修開始式2015

新しい仲間たち、Welcome to AGH!北は北海道から南は沖縄までの仲間が、今日こうして新しい一歩を一緒に踏み出すこと、この縁をとてもうれしく思います。今、この時より、君はTEAM AGHの一員として、旭の教育の文化を受け継ぎ、そして伝えていくことになります。White Coat Ceremonyで先輩が着せてくれた旭の白衣。来年は君たちが次の学年の研修医たちに着せてあげることになります。自身の忙しい研修の合間に開催してくれる歓迎会。来年の今頃は自分たちが計画することになるでしょう。現場で困らないように、今のうちに練習しておこうよと教えてくれる様々な基本的手技。自分たちが教える日も来るでしょう。経験の豊富な大先輩たち、そして年の近い身近な先輩たちが教えてくれる、してくれる様々なことを当たり前として受け入れよう。そしてそれを自分が先輩と呼ばれる時が来たときには、当たり前として、後輩にやってあげよう。これが旭の教育の文化。君は今日より、この教育の文化を継承し、次に伝えていく責務を担っています。この素晴らしい環境の中で、共に磨き合い、成長して行こう!
~Your journey begins here~


20150406_06_01.JPG20150406_06_02.JPG

20150406_06_03.JPG20150406_06_04.JPG

20150406_06_05.JPG20150406_06_06.JPG

研究発表会&研修修了式

今年も2年間の研修の集大成として、統計処理をした臨床研究発表を2年次研修医全員が行いました。1例報告ではない、統計学者の指導の下でのclinical researchを初期研修中にすることができるのは、大変貴重な経験であり、今後これらの研究発表をもとに、ペーパーの投稿や大きな学会での発表につなげてくれることが期待できます。また実際多くの先輩たちがそのように既にしています。研修修了式では研修発表が特に優れていたとして、古河賢太郎くんにベストプレゼンテーション賞が贈られ、また2年間での剖検が10件であった鴨志田淳一くんに最高剖検賞が贈られました。2年間の指導医、看護部の評価が共に高くベストレジデントとして選ばれたのは、森貴志くんでした。
2年間の初期研修を終え、それぞれの道をまた新たに歩み始める君たち、Today is the start of a new adventure!


20150406_05_01.JPG20150406_05_02.JPG

20150406_05_03.JPG20150406_05_04.JPG

20150406_05_05.JPG20150406_05_06.JPG

20150406_05_07.JPG20150406_05_08.JPG

20150406_05_09.JPG20150406_05_10.JPG

Dr.川﨑の海外研修

外科シニアレジデントの川﨑圭史Dr.がUCLAの外科にエクスターン研修に行ってきました。見学させて頂いたUCLAのtrauma serviceでは、日本ではなかなか見ることの出来ないgunshot woundや交通外傷を沢山見学することが出来ました。一般外科においても、日本で普段自分たちがしているような手術をアメリカではどうやっているのかという所を見学できたことは、非常に興味深いものでした。移植外科では脳死肝移植を見学させて頂き、アメリカの第一線の外科医の手術を見ることが出来ました。見学の中で、手術手技から周術期管理といった細かい点に至るまで、日本との違いを実感することが出来、非常に有意義な体験をすることが出来ました。国は違えど、外科医として共感できることも多く、興味深い経験となりました。ともに研修させて頂いたレジデントの方々も、人間的に尊敬できる部分が多い人たちばかりで、海外の外科医の友人が出来たということも、貴重な財産となったと思います。海外で、一人で生活、研修するという点においても、非常に自身の人間的な成長に繋げることができる研修だったと思います。休日も、バスケットボール観戦、キャンプ、カナダやメキシコ旅行と、日頃の診療を忘れるくらいのリフレッシュをさせて頂くことが出来ました。この貴重な経験を心に刻み、日々挑戦し、自分を高めていけたらと思っています。


20150406_04_01.JPG20150406_04_02.JPG

20150406_04_03.JPG20150406_04_04.JPG

20150406_04_05.jpg20150406_04_06.jpg

Dr. Jan De Beurの来院

Johns HopkinsよりSuzanne Jan De Beur先生にご来院頂きました。Jan De Beur先生のご専門は糖尿病・代謝・内分泌内科です。この分野の先生をお呼びすることは今まであまり多くなく、大変貴重な経験となりました。小グループでのtalkではOsteoporosis: screening, diagnosis and management、Primary hyperparathyroidism: diagnosis and management、Disordered Phosphate Homeostasis、Clinical consequences of vitamin D deficiency、An unusual case of abnormal thyroid function tests等、大変興味深い勉強をさせて頂きました。また大グループでは"An Unusual Case of Change in Consciousness"-To "B" or Not To "B"-と題した症例について、皆で検討しました。更に、病棟で方針等についてendocrinologistからのadviceがほしいと思っていた症例については、適切な助言を頂き、大変勉強になりました。


20150406_03_01.JPG20150406_03_02.JPG

20150406_03_03.JPG20150406_03_04.JPG

20150406_03_05.JPG20150406_03_06.JPG