シニアレジデント研修

Program外科専門研修プログラム

       
プログラム責任者の挨拶  当プログラムの特徴は手術症例数が多いことです。当外科における1年間の手術件数は1800~1900件であり、3年間の研修で経験する手術件数は約800件、うち術者として350~400件の手術を執刀します。短期間に多くの手術を経験できるためラーニングカーブは急峻で、研修3年目には高難度の手術を執刀できるようになることを目標とします。サブスペシャルティは5分野(消化器外科、心臓血管外科、呼吸器外科、乳腺科)で、各々のベテラン指導医が、患者の安全を最優先にしつつ、懇切丁寧に、時に厳しく手術を指導します。
 手術以外にも周術期管理・外来診療・救急診療などを行い、学会発表や論文執筆を積極的に行えるよう研究指導体制も整っています。“外科漬け”の研修生活になります。研修を終えた後は、どんな疾患に対しても慌てずに対応できる外科医になれるでしょう。
募集人員 3名
プログラム 旭中央病院外科専門研修プログラム
研修期間 3年間
応募締め切り 日本専門医機構が定めるスケジュールに従う。
応募書類
  • 申請書
  • 履歴書
  • 医師免許証(コピー)
  • 研修修了見込書
    ※院内の初期研修プログラムで研修する者が応募する場合は申請書のみとする
試験方法 面接
試験日 応募者の予定に合わせ決定
連絡先 病院代表 0479-63-8111⇒医局 臨床教育担当 高木(ikyoku@hospital.asahi.chiba.jp
PAGETOP