初期研修

Impression志望理由/選んだ理由/魅力

豊富な症例に囲まれて

平野 智士  平成27年度研修医

 当院の一番大きな特徴は止むことなく訪れる豊富な症例をたくさん経験できることだと思います。2年間を振り返ってみると、有病率が100万人に数人といった珍しい症例を、しかも初診で何例も経験することができました。きっと学生の皆さんは「大学のポリクリで珍しい症例など何人も見たよ。」と言うでしょう。

 しかしここでは100万人医療圏の中心にあるこの病院で、ER初療医として希少疾患を「自分で」診断し、主担当医として「自分が中心に」診るのです。上級医の後ろで診察するのではなく、責任を持って担当患者さんと接するのです。2年間で「ぬるい研修」はありません。いつでも研修医が最前線に立って医療を行っていくのです。そんな研修体制が私を成長させてくれたと実感しています。

最高の友と問診を極める

松本 光輔 平成26年度研修医

当院では100万人という極めて大きな医療圏からたくさんの症例が集まります。それらの豊富な症例を元にして、毎日の様に症例カンファや勉強会が開かれており、臨床の現場ですぐに使える実践的な知識を経験豊富な上級医から学ぶことが出来ます。

また当院の特徴として、病歴から診断に迫る臨床推論を特に重視している点が挙げられます。患者さんの語る話から疾患に迫る方法を徹底的に学ぶことで、ただ漫然と患者さんの語る話をカルテに書くのではなく、「目の前の患者さんから今聞き出すべき病歴は何か」「次は何を聞くべきか」ということが自然とわかるようになります。これは他院の研修では真似できない、当院の一番の長所だと思います。どの科に進んでも、全ての診察は問診から始まります。

GeneralityからSpecialtyへの道(ロード)

森 貴志 平成25年度研修医

研修先を選ぶにあたっては、みなさん、大いに悩まれることと思います。初期研修で何をしたいか、研修が終わったら何ができるようになっていたいか。それを考えることが研修先を選ぶ大きなポイントになります。2年間の研修が終わった後に、ER診療、病棟の一般内科管理は適切にできていたい、感染症の基本は押さえておきたい、緊急の現場にアワアワせず対応できるようになっていたい等、様々な願望があると思います。

情熱海岸

高田 秀人 平成24年度研修医

望んだからここにいる。

ここは旭中央病院。千葉県東部に位置する、約1000の病床をもつ公立病院。年間の受診者数は約6万人、救急車受け入れ件数は約6000件。病棟から外を見渡せば、そこに広がるのは海。夜のネオン街?そんなものはない。

昨晩入院した糖尿病患者Aの血糖値補正を終え、午前3時高田は院内の仮眠室に横たわった。ピピピ、ピピピ。再びPHSが鳴る。時刻は5時半。また救急外来から入院が入るようだ。

旭ではじめの一歩を踏み出そう!

寺田 周平 平成23年度研修医

初期研修先をあれこれ悩んでいた頃、旭中央病院のホームページにあった病院の紹介ビデオを見て興味を持ったのが最初のきっかけでした。『すべては患者様のために』、『教育のない病院に発展はない』などの言葉と、それを実現している病院の雰囲気にあこがれて、縁もゆかりもなかった旭を、少し緊張しながら訪れたのを覚えています。そこで研修医の先生方の自主性や、責任感のある診療態度を目の当たりにして、いわゆる「お客様研修医」にはなりたくなかった私は衝撃を受けました。結局、直感と憧れで研修病院を決め、2年間を終えたいま、当時の判断は正しかったと感じています。

愛すべき旭中央病院

朝倉 崇徳 平成22年度研修医

私が旭中央病院を知ったのは、知り合いの先輩が研修をしており、一度見学に行ったことがきっかけでした。
見学の際には研修医が患者さんに対して責任感を持って元気に診療しており、自分もそんな研修医になりたいと思い希望致しました。

学生から医者になれば少しは人の役に立てると思っていましたが、実際に医療現場に出てみると現実は厳しいものでした。
自分の知識や責任感の欠如は自分が描いていた理想の医師像とはかけ離れたものであり、とにかく辛い日々が続きました。しかし、そんな中でも丁寧に一つ一つのことを教えて下さった先輩や指導医の先生方、辛い時に励ましてくれた仲間がいたからこそ2年間頑張り続ける事ができたのだと思っています。