シニアレジデント研修

Program整形外科シニアレジデント(後期研修)プログラム

研修期間 1~2年
研修内容 1年目 外傷(特に大腿骨頚部骨折)を中心とした疾患を担当し、術者として手術を行う。
2年目 症例により、人工関節や関節鏡などを術者として経験する。
研修終了後の進路 研修結果により、当院スタッフとしての採用や、専門施設や東京大学整形外科研修コースへの紹介あるいは推薦も可能である。