シニアレジデント研修

Program臨床病理科専門研修プログラム

       
プログラム責任者の挨拶

医療における病理医の役割はますます重要になっていますが、地域医療を担う地方病院はもとより、大都市圏に勤務する病理医数は十分確保されていない状況にあります。
このような状況を改善するために、地域基幹病院に基軸を置き、かつバランスのとれたトレーニング体制構築の必要があります。
それを踏まえて、各研修医のニーズにあったテーラーメードプログラムを心がけております。本プログラムでは、総合病院国保旭中央病院臨床病理科を基幹型施設とし、 3年間は総合病院国保旭中央病院、NTT東日本関東病院、国立病院機構東京病院、千葉大学病院及び山形県立中央病院との専門研修連携施設をローテートして病理専門医資格の取得を目指します。 各施設をまとめると症例数は豊富かつ多彩で、なにより全国的に剖検数も減少傾向にあるなかで、単独では日本一の症例数を誇る総合病院国保旭中央病院を中心とした経験を積むことができます。
指導医も各施設に常勤として揃い、多彩な専門性を持った研修機会を提供する事が可能です。カンファレンスの場も多くあり、病理医として成長していくための環境は整っています。 また、積極的な学術活動に参加する機会を提供し、リサーチマインド醸成にも尽力します。本病理専門研修プログラムに是非参加し、知識のみならず技能や態度にも優れたバランスを兼ね備えた良き病理専門医を目指してください。

臨床病理科部長 鈴木 良夫

募集人員 1名
プログラム 総合病院国保旭中央病院 病理専門研修プログラム
研修期間 3年間(連携施設での研修を含む)
応募締め切り 随時
応募書類
  • 申請書
  • 履歴書
  • 医師免許証(コピー)
  • 研修修了見込書
    ※院内の初期研修プログラムで研修する者が応募する場合は申請書のみとする
  •           
試験方法 面接
試験日 応募者の都合で、相談により決定
連絡先 病院代表 0479-63-8111⇒医局係 担当 高木